エコバックで資源の節約

スーパーで買い物をしたときに買い物をしたものを入れるビニール袋ですがこれは家に帰れば捨てるだけなのでもったいないと思います。そこで自分はなるべく買い物にはエコバックを持参しています。資源がいくらかでも節約になると思いますしゴミも減らせます。ビニール袋が作られるとき、燃やすときには二酸化炭素が排出されます。ビニール袋を使わないということは環境にもとても優しいということがわかります。一枚はとても微量な単位だと思いますがみなさんが行うことによって大きな節約になります。資源を節約するということは目には見えませんがとてもすばらしいことであります。だいぶ浸透しているエコバックですが大きさも形もいろいろあるので自分のお買い物に合ったものを選ぶとよいでしょう。しっかりと作られているので長く使えると思います。たまに買い物が一点でエコバックを持っていかなかったときは思い切って『そのままでいいです』と店員さんに伝えます。袋にいれなくても支障が出ない場合はシールなどで対応をしてもらうようにしています。売り手はお客さんに対して手厚くサービスをしようとするので買い手側が積極的にビニール袋を使わないようにすればいいと思います。その一言で資源の節約ができるので勇気を出してほしいと思います。また他の都市ではスーパーのビニール袋を有料としているところがあります。そうするとエコバックを持参することでビニール袋代を節約できます。普段からエコバックを持ち歩く習慣をつけることでどんな買い物にも使えます。エコバックを持っていくことで毎日買い物をする人であれば一年間で約400枚ほどのビニール袋を使わなくてよくなるでしょう。たかがビニール袋と思わないで節約することにみんなが意識を持っていけばかなりの量になります。一人一人の節約しようという気持ちが大切だと思います。1人で400枚であれば10人で4000枚、100人で40000枚です。こんなに節約できるのならとてもありがたいことだと思います。

シマックス

ベッド 通販

お見合いパーティー 大阪

難聴

くせ毛

リンク